presented by
Menu
「全員が同じ立場にある」

タイトル奪取でヒッツフェルトを送りだす

オットマール・ヒッツフェルトは監督としてFCバイエルンとともに国内外で8つのタイトルを獲得した。彼がシーズン終了時にレコードマイスターを去るときには、いくつかのタイトルがついてくるに違いない。代表FWのミロスラフ・クローゼは8日、「僕ら全員が彼がいくつかのタイトルとともに花道を飾れることを願っているんだ」とコメント。

バスティアン・シュヴァインシュタイガーも「監督にいいお別れを用意するつもりだよ。タイトル獲得に値する人だね」と強調した。23歳は2002/03シーズンにヒッツフェルト監督の下、プロの道を切り開いた。代表選手は「彼が辞めるのは残念なこと。オットマール・ヒッツフェルトはこのクラブにとても合っているんだ。彼はここで多くの成功を収めたんだ」とコメント。

ヒッツフェルト勇退により士気高まる

クローゼはFCバイエルンの成功ある道がヒッツフェルトの勇退により途切れるとは思っていない: 「僕らはまだ同じ立場にある。」シュヴァインシュタイガーはそれどころか後期に向けて士気が高まるとも考える: 「(ヒッツフェルトの勇退で)確実に鼓舞される。」

ハミト・アルティントップも早期の勇退決定が問題を起こすとは思っていない。「僕らは監督だけではなく自分達のためにもプレーするんだ」とトルコ代表はコメントし、こう強調した: 「誰もが自分のやることを遂行しなければならないんだ。ここでは僕ら全員が自分達で自分らの生活を養っていかないといけないんだ。ピッチでしっかりした仕事をこなさないとね。」

ヒッツフェルトの立場揺るがず

ウリ・ヘーネスはヒッツフェルトがチームを勝利の道へと導くと確信している。「我々はオットマールとともにチームの指揮を執っていると感じている。今シーズン成功するために一流のチームを備えている」とマネージャーは月曜にコメント。ヒッツフェルト自ら、「チームとともにこれまでと変わらず一緒に取り組んでいける」とも話した。

シュヴァインシュタイガーはチームメイトに次期監督については全く考えないようにするようにとも述べた。「今僕らは準備段階で力を一つにして、後期リーグで成功する為に全力をださなければならないんだ。」目標はシーズン始めのハイレベルでのプレーを再現することだ。「今回は(前期より)長くハイレベルでプレーしたい。」これができるのであればオットマール・ヒッツフェルト監督はタイトル数をまた伸ばすことになる。