presented by
Menu
フィットネステスト

ダブルリーダー、反撃の狼煙をあげる

海水浴シーズンではなくてもここスペインの休暇地マルベラは数多くのアトラクションを提供している。プエルト・バヌース-有名なヨット港、大富豪が集まるメッカ、たくさんのレストランが建ち並ぶ絵のように美しい旧市街または周辺には多くのゴルフ場とこの時期でもマルベラを楽しみことができる。

しかしバイエルンのプロ選手にとって土曜までこれとは無縁の話で、トレーニングスケジュールがぎっしりと組まれている。火曜午前には前日に雨天で中止になったフィットネステストが行なわれた: 20メートルダッシュ11本、8分間走。

過去のデータを上回る

ウィリー・サニョールは「全選手が過去のデータを上回った、これはいい傾向だよ」とフィットネステスト結果について報告。テストが終わってから休む間もなく、3対3のミニゲームを4分間4本行い、ゲーム間にインターバルを1分取り入れた。これで午前練習を終了。どの選手も後期の任務のために苦労を惜しまない。

サニョールは「どこがドイツで一番なのかを僕らは示さなければいけない」と述べ、ヘルプストマイスターであるFCBの目標もはっきりと口にした: 「今季一番大事なタイトルはマイスター。ブレーメンが2敗、3敗したからマイスターになるのではなく、僕らが全部勝ったからマイスターになるんだ。」

サニョール、欧州CLを目指す

マルク・ファン・ボンメルも全幅の同意を示した。「大事なのはマイスター、全部で34試合、このタイトルを獲るには一年通して良くないといけないんだ。その後にヨーロッパ、そしてドイツカップ。」レコードマイスターのリーダーはここまで「非常によい準備」(ファン・ボンメル)をしたことがシーズン当初のパフォーマンスに繋がると確信している。

8ヶ月戦線離脱していた30歳のサニョールは「怪我をする前のようにいい感じ」と話し、短期的な成功だけを視界に入れていない。来季FCバイエルンで欧州CL優勝の成功をえた唯一の選手となる彼は「欧州CL優勝は今でも僕にとっては大きな目標」だと語る。「もう一度カップをミュンヘンに持って帰りたい。そのために僕に残された時間は3、4年。」

ウィリーの心配はいらない

とはいうもの21度目のマイスター獲得には断固とした集中力が要求される。それについてサニョールだけでなくファン・ボンメルも長期離脱する選手がいないことが理想の条件だという。サニョールが「22選手がコンスタントにプレーすること」と言えば、ファン・ボンメルはこう述べた: 「僕らのレベルに到達できれば、僕らはマイスターにならなければいけない。」

サニョールが再びレギュラーに戻ることを2人は当然のことだと考える。「ヴィリーについては心配していないよ。彼が万全の状態であれば、彼は世界一の右SB。今彼はほぼ万全の状態だよ。」サニョールはこう付加えた: 「監督は僕が出場できなかったのは僕のサッカーの能力ではなくコンディションの問題だといつも言っていたんだ。」これを克服するためにサニョールはハードにトレーニングに取り組む。この風景もマルベラの2008年1月では提供されている。