presented by
Menu
「速くそしてコンパクトなサッカー」

中国チーム、FCB戦に向けてスタンバイ

「3冠」に向けてFCバイエルンはドイツカップ3回戦ヴッパーターラーSVとの一戦までにこの準備期間で4試合のテストマッチをこなす。2部リーガFCアウクスブルクとの一戦で2:1と勝利した後、次戦には興味深い相手がレコードマイスターを待ちうける。

トレーニングキャンプ地でもあるマルベラに移動する前日、オットマール・ヒッツフェルト率いるチームは初開催される「アリアンツ・カップ」で中国オリンピック代表と対戦する。一見、親善試合にもみえるこの一戦もブンデスリーガ首位のバイエルンにとっては本気モードのテストマッチになる。

敏捷で速くそしてコンパクト

マルセル・ヤンセンはfcbayern.deの問いに「彼らは侮れない。すばっしっこく、速くてコンパクトでよくボールを動かすんだ。」ヤンセンは2005年オランダで開催されたU20世界選手権で8強をかけて中国代表と対決し3:2と辛勝していることもあり、よく相手を知っている。

セルビア人監督ラトミール・デュイコビッチ率いるオリンピック代表の半数が当時の世界選手権戦士だ。そしてほぼ全選手が中国プロリーグ(Cリーグ)でレギュラーとして活躍し、それどころか数人はA代表でもプレーしている。オーバーエイジ枠には2007年中国最優秀選手に選出された杜震宇、現A代表キャプテンで日韓共同開催されたW杯に出場した李偉鋒らが招集されている。

上位4チーム入りを目指す

北京での夏季オリンピック開幕がおよそ8ヶ月に迫り、2006年5月から始動する「中国チーム」は次第に準備にも熱が入る。ここ2週間ヨーロッパを転戦し、バイエルン戦後にはフランスでテストマッチが組まれている。

夏季オリンピックの注目種目ともあり、オリンピック代表の真価が問われる。そこで上位4チーム入りが求められるゆえにプレッシャーもつきまとう。デュイコビッチはゼーベナー・シュトラーセでトレーニングする前に「(上位4チーム入りは)金メダル獲得のようなものだ」とも述べた。

結果は二の次

しかしその前に61歳監督はFCバイエルン相手にここまでのチームの完成度を披露するつもりだ。デュイコビッチは「ここにいること、そしてワールドクラスのチームと対戦できることを誇りに思う」とすでに5万枚以上のチケットが売れたアリアンツ・アレーナでの試合を心待ちにしている。この一戦は視聴率の最も高い時間帯に中国で生放送される。

デュイコビッチは「いい試合をするためにベストを尽くす。この一戦は我々にとってとても良いテストで、結果は二の次だ。強い相手と対戦したときにチームがどれぐらい戦えるのかを見極めることが大事だ」と話し、こう示唆: 「FCバイエルンのDFを驚かせることになる。」

ラーム、警戒する

これを承知しているSBのフィリップ・ラームの任務は「スタミナ豊富で速くて敏捷性のある」中国のサイドアタッカーをシャットアウトすることだ。「相手が良いチームだということは分かっている。簡単にはいかない。」ヤンセンの他に2005年U20世界選手権でプレーしたアンドレアス・オットルはこう補足: 「2002年W杯で韓国は大躍進を遂げた。今回も似たようなものになるかもしれない。」