presented by
Menu
FCBカルテット、チーム練習に合流

デミチェリス不在でハノーファー96戦へ

オットマール・ヒッツフェルト監督はハノーファー96とのアウェー戦を2日後に控え、再びほぼ全選手を起用できる。「名将」はUEFAカップの1stレグでは5選手を起用することができなかったが、ハノーファー96との決戦を前に再び数人が戦列復帰してくる。

スコットランドで温存されたウィリー・サニョールと膝の打撲を抱えていたマルク・ファン・ボンメル、インフルエンザを患っていたオリヴァー・カーンそしてダニエル・ファン・ボイテンがメンバーに復帰する、とヒッツフェルトは金曜、チーム練習終了後に示唆した。

デミチェリス、2週間休養

ヒッツフェルトは「ファン・ボンメルはまだ少し痛みがあるみたいだ」と述べたが、オランダ人が正GKオリヴァー・カーンと同様に先発でいけると確信している。カーンについては「もしインフルエンザをぶり返さなければね」とも付け加えた。両選手とも金曜、チーム練習に参加した。そしてダニエル・ファン・ボイテンもAWDアレーナで先発に名を連ねる可能性がある。

理由はアバディーンからふくらはぎの肉離れでミュンヘンに戻ったマルティン・デミチェリスの2週間の欠場だ。逆に回復傾向にあるのがフランク・リベリー。フランス人はすでに「集中的に」トレーニングができ、来週の木曜のアバディーンとの2ndレグでカムバックを果たす予定だ。