presented by
Menu
DFB規律委員会調査

ファン・ボンメル、見解を提出

HSV戦警告2枚で退場したマルク・ファン・ボンメルの一試合出場停止が拡張する可能性があることが、月曜分かった。DFB(ドイツサッカー協会)規律委員会はFCBプロ選手を反スポーツマン行為の疑惑があるために調査手続きすることを明らかにした。

テレビ映像からファン・ボンメルが拍手をした後、警告2枚目をもらう前に両腕で主審ルッツ・ヴァーグナーを蔑むようなジェスチャーを行ったのではないかと疑われている。ヴァーグナーは規律委員会にこの経緯をみていなかったと説明したために、規律委員会が調査することになった。

規律委員会はマルク・ファン・ボンメルに書面での見解を依頼。オランダ人はジェスチャーが主審ではなく、自分に向けてのものだったとすでに説明している。見解の提出後に、今後の手続きの行方が決定する。