presented by
Menu
空港での一夜

ファン・ボンメル:「最善のことをした」

誰が乗り遅れたりまたは取り消されたりしたフライトのために一夜を空港で過ごした経験があるだろうか。FCバイエルンの選手はロストック戦後にこの経験をすることになった。計画していた夜中にミュンヘンには到着せず、ミュンヘンに選手がミュンヘンに着いたのは明朝となった。fcbayern.deはマルク・ファン・ボンメルに彼とチームメートがどのように突然の事態に対応したのか聞いてみた。

インタビュー:マルク・ファン・ボンメル

fcbayern.de マルク、何故突然にトレーニングがOFFになったのかをもう一度話してもらえるかな。
ファン・ボンメル: 「それは僕らが計画していた0時30分ではなくて朝の5時にミュンヘンに到着したことが原因だよ。ロストックで少し遅くシュタディオンをでた時に、現地の空港でミュンヘン空港の到着許可時間に間に合うことができないということが分かったんだ。だからそこで一夜をしのぐことになったわけだよ。オットマール・ヒッツフェルトは土曜の昼のトレーニングをOFFにすることを決めたんだ。」

fcbayern.de: プロのサッカーチームが空港で一夜を過ごす- 想像できないですね。
ファン・ボンメル: 「そう、だけどなかなか良かったよ。時間潰しがうまくできたからね。当然僕らは試合について話をしたよ、後はトランプをたくさんしたりして、みんなで楽しんだ。チームバスがまだ現地にいたということもあって、食べ物や飲み物もあったからね。こういうことで全てが整っていたんだ。」

fcbayern.de: ここまで聞いたところには、勝利後の良い気分が害されたわけではないんですね。
ファン・ボンメル: 「ないよ。そんなことは決してない。逆だね。僕らは突然の事態にも最善のことをしたと思うよ。」

fcbayern.de: ヴッパータールやロストック戦後の後期スタートについてどう判断することができますか。
ファン・ボンメル: 「僕らは2勝したし、それが一番大事なことだったんだ、これについて僕らは誇れると思うんだ。だけどまだ良くすることができる。カップ戦の後半そしてロストック戦の前半はとても満足できるものだったからね。僕らが日曜のブレーメン戦でもこのように試合に臨めば、確実に素晴らしい試合になるだろうね。」