presented by
Menu
「普段通りにベストを尽くす」

ヤンセン、上々の復帰戦を飾る

一度に全てが変わった:チーム練習に合流して一週間後にメンバー入り、3ヶ月ぶりの実践ですぐにスタメン復帰、そして90分のフル出場。足首の手術を受けてからまる3ヶ月が経ったこの日、マルセル・ヤンセンがスピードカムバックを果たした。

「ポジティブに驚いた」とヤンセンは金曜、ミュンヘンでの練習後にスピード実践復帰、そして90日間の離脱後の出来についてコメント。「これは僕がリハビリをしっかりやったことがでているね」と22歳は述べた。オットマール・ヒッツフェルト監督から水曜夜、ピットドリー・スタジアムでの前日調整の際にスタメンが告げられた。

タフな相手にも怯むことはない

レフティーは長期離脱したにも関わらず、堅実なプレーを90分間に渡って披露した。ディフェンス面ではタフなスコットランド選手相手に突破されず、ダイナミックなオーバーラップで何度か好機を作ろうとした。「90分本当によくやれて、いい感触をえたことを嬉しく思う」とヤンセンは満足して試合を振り返った。

特に左SBは「タフでスピードがあり、アグレッシブにくる相手」に初陣を飾れたことを嬉しく思っている。「すぐに自分がどう対応できるのかをみることができた」とヤンセン。「対人プレー、リズムを取り戻すことなどだね。怯むことはなかったし、厳しい局面になったときにどうなるのかをみるためにも自分にとってはいい機会となった。」

ヒッツフェルト、ヤンセンを称賛

ヒッツフェルトも「難しい一戦」の中でのヤンセンのプレーについて満足していた。「好印象を与えたね」とヒッツフェルト。「名将」は「マルセル・ヤンセンの出来については驚いていないよ、彼はトレーニングでやっていることを実践したんだ」と背番号23のプレーを称賛した:「彼は再び燃えていること、そしていいコンディションであることを示した。」

ここ数週間のリハビリでは元グラッドバッハ選手は「集中的にそしてとても必死に」取り組んでいたとヒッツフェルトは話した。「彼はリハビリメニュー以外のことも行い、周りが彼にブレーキをかけないといけなかった。」ヒッツフェルトはヤンセンがハノーファーでも出場するかどうかについては明言を避けた。ヤンセンは「今後どうなるかについてはこれから分かること」と述べ、こう断言した:「ベストを尽くす。」