presented by
Menu
ハノーファー96 - FCB

FCバイエルン、完勝3:0のコメント

この男はやはりW杯覇者!ルカ・トーニが自身のハットトリックでハノーファー96を3:0と粉砕した。FCB監督のオットマール・ヒッツフェルトは「もう少し我々が冷静であれば、すでに前半に先制することができていた」とも試合後にコメント。

コメント一覧:

オットマール・ヒッツフェルト: 「後半の決定力は数段によかったね。もう少し我々が冷静であれば、すでに前半に先制することができていた。試合にはなかなかうまく入れずにハノーファーに押し込まれる場面があった。しかし20分過ぎからいいゲームができた。そこではよくまとまり、とても果敢に攻めてくれた。」

ルカ・トーニ: 「誰かが3点獲ったとしても、それはチームの手柄だよ。ヴェルダー・ブレーメンが追いついたこともあり、突き放さなければならなかった。勝てたことを喜んでいる。バイエルン・ミュンヘンは僕のために多くの投資をしたんだ、ゴールでお返しができるようにしたいね。」

ディーター・ヘッキング (ハノーファー監督): 「0:1の後もバイエルンは果敢に追加点を奪いにきた。同点に追いつくには我々がいくらか力不足だったことは否めない。後期はあまりいいスタートがきれなかったが、次節のボーフムで再び成功を得るためにスタートしなければならない。」

ヴァレリアン・イスマエル(元バイエルン選手): 「(前半交代について)内転筋を少し痛めたんだ、リスクを冒したくなかったからね。前半はとても良かったよ。とてもいいスタートがきれて、前線へとプレッシャーをかけようとしたんだ。後半はバイエルンがゲームをコントロールし、僕らにとっては難しいものになった。再びピッチに立つことは素晴らしい気分だったよ。0:3で敗れたけど、この日を楽しめた。」