presented by
Menu
第204回ミュンヘンダービー

FCB、準決勝進出のコメント

コメント一覧:

オットマール・ヒッツフェルト: 「始めの30分間は問題があった。1860はとてもいいプレーをし、前半は我々を上回っていた。後半は我々がより試合の主導権を握り、圧力もかけ、チャンスを演出した。1860の選手は非常にいいアピールをして、我々は苦戦を強いられた。彼らはスペースを狭くして、非常に組織されているところをみせた。最後に勝てたことをとても喜んでいる。我々はディフェンスを重視し過ぎていた。」

ウリ・ヘーネス: 「これ以上にない試合になったね。リベリーのP.Kは彼の冷静さを象徴している。」

オリヴァー・カーン: 「1860の選手は今日、彼らの限界以上のものを出してプレーしていた。だけど我々は延長戦の最後の10分間はほんの少しばかり意地をみせた。だから勝利に値する出来だったとも思う。」

マルコ・クルツ: 「今日で多くのリスペクトを得たと思っている。もちろん最後の最後でこのような判定で終了することは本当に苦いものだ。チャンスからいけばバイエルンはもちろん我々より上。我々は効率よくプレーすることを学ばなければならない。」