presented by
Menu
インタビュー

アルティントップ:「欧州選手権に出場したい」

オットマール・ヒッツフェルトがハミト・アルティントップのケガを耳にしたとき動揺を隠せずにいた。バイエルン監督は「ショックだった」とトルコ代表選手の中足骨骨折についてコメント。ここまでケガを理由に公式戦3試合に欠場した以外はフル出場をしていたアルティントップは木曜、手術を受けた。fcbayern.deは病院にいるアルティントップに電話をし、ケガと必死に闘うアルティントップの声を聞くことになった。

インタビュー:ハミト・アルティントップ

fcbayern.de: ハミト、ケガをした直後だけど気分はどう?
ハミト・アルティントップ: 「僕はここで横になって、チームメートはニュルンベルクに向かっているんだよね。どんな気分かは誰もが想像できると思うよ。いよいよシーズンのラストスパート、どの試合もほぼファイナルなんだ。そこでチームの力になりたかった。これから数週間のホーム戦には駆けつけるよ、共に熱くなり、そしてチームを応援したい。」

fcbayern.de: どのようにしてケガをしたの?
アルティントップ: 「トルコ代表としてロシアで代表戦を行った時にケガをしたんだ。対人プレーのときに不運にも相手に足を踏まれたんだ。」

fcbayern.de: 現地ミンスクでどのように対応したの?
アルティントップ: 「すぐに病院に行ったよ。医者は骨折の疑いがあると言ってギブスを巻いたんだ。それから僕の弟と一緒にウィーン経由でミュンヘン入りしたんだ。バイエルンのチームドクターのミュラー・ヴォールファートから木曜、精密検査の後にすぐに手術を勧められたんだ。」

fcbayern.de: 手術はどのように終わったの、それと医者はいつまたピッチに立てるかについても話したのかな?
アルティントップ: 「手術は無事にうまく成功したんだ。今は骨が完治するのを待たないといけない。今シーズン出場できるかどうかは今の段階で言うのは難しい。」

fcbayern.de: 欧州選手権は出場できそう?
アルティントップ: 「欧州選手権には必ず出たい。もちろんマイスターシャーレを授与されるときにピッチに立てれば最高だけどね。」

fcbayern.de: ここ数日間あなたの看護や、もしかすると少しばかり勇気づけてくれる人はいるの?
アルティントップ: :「いないよ。ケガも仕事の一つ。サッカー選手としてケガのことはいつも計算しておかないといけないし、カムバックするための強さがないといけないんだ。」