presented by
Menu
550試合ブンデスリーガ出場

カーン、痛恨のメモリアルゲーム

オリヴァー・カーンはこの日確実に違う結果を想定していたに違いない。FCB主将はFCエネルギー・コットブスとの一戦でブンデスリーガ550試合出場を果たすもの、0:2と今季リーガ2度目の敗戦ともなった。

この日2得点のブランコ・イェリッチがカーンのメモリアルゲームをぶち壊した。彼の1点目がカーンのブンデスリーガ400失点目となり、2点目はミュンヘンのブンデスリーガ1.700失点目となった。追加点を奪われそうな場面は何度かあったが、カーンが2、3度と好セーブをみせた。

FCB移籍前にKSCでリーガ128戦出場と203試合の無失点試合を行った元代表GKはこの試合とともにブンデスリーガ歴代最多出場記録4位につける。シーズン終了までに38歳GKは現3位のクラウス・フィヒテルの出場記録(552)を塗り替える可能性がある。