presented by
Menu
独サッカー協会、判決を下す

ファン・ボンメル: 2試合出場停止、罰金

FCバイエルン、今後のブンデスリーガ2試合でMFマルク・ファン・ボンメル抜きの戦いを強いられる。ドイツサッカー協会(DFB)のスポーツ裁判所が先々週末のハンブルガーSV戦でバイエルン選手の行った言語道断なジェスチャーにより、ファン・ボンメルに今後2試合の出場停止、1万5千ユーロの罰金の判定を下したことを、2日ドイツサッカー協会が明らかにした。

バイエルンマネージャーのウリ・ヘーネスは土曜、「(判決を)受入れることになる」とFCシャルケ04で1:0とアウェー戦勝利を飾った後にコメント。ファン・ボンメルはこの一戦、ハンブルクでの退場により出場停止となっていた。ヘーネスはクラブ内の罰金を取り消しにすることも同時に示唆した。

ファン・ボンメルはこの判決により、今週末のカールスルーアーSCとのブンデスリーガホーム戦とエネルギー・コットブスとのアウェー戦に欠場することになる。3月22日のバイアー・レヴァークーゼンとの上位対決には再び出場できる予定。この2試合出場停止はUEFA杯アンデルレヒト戦そしてドイツ杯準決勝には影響はない。