presented by
Menu
シャルケ - バイエルン

FCシャルケ04戦勝利のコメント

ウィンターブレイク後、アウェー戦3連勝、タイトル争いのライバルに勝ち点差12をつけた- バイエルンがFCシャルケのアウェー戦から大満足でミュンヘンに戻ったとしても驚きではない。ウリ・ヘーネスは1:0の勝利後、「トップチームの凄さを今日全て観られた」と称賛の言葉を惜しむことはなかった。

コメント一覧:

ウリ・ヘーネス: 「トップチームの凄さを今日全て観られた。いいゲームをしたよ。ゴールは少なかったが、水曜の激戦の後に信じられないぐらいよく戦った。脱帽だよ。これで大きな自信をもって次戦に臨むことができる、またゴールも生まれてくるだろう。シャルケは最後に自信を失ったようだ、我々がトップクラスのプレーをしたこともあり、我々とはやりにくかったと思う。今日はミスがほぼ全くなかった。」

オットマール・ヒッツフェルト: 「ほぼ同じ力のメンバーを20人抱えれば、力を分配するために、そして上位決戦で能力的に対抗できるためにローテーションをすることは当然のことだ。アウェー戦では相手が自らに重圧をかけないといけないから、プレーしやすいね。シャルケは前線へとプレーしてくるチーム、このようなチームにはカウンターのチャンスがあるんだ。今日は得点に繋げられなかったチャンスが7、8本あった。」

オリヴァー・カーン: 「ここ最近のアウェー戦と似たような感じのゲームになった:統一感、対人プレーの強さ、そしてコンパクトに保ち、自らゴールチャンスを作り出した- 今の状態は最適に近いね。もし敵が我々に挑んでくる時はどちらというと楽なんだ。アリアンツ・アレーナでは多くの敵チームが11人で自陣のペナルティーエリアを守るからね。そこではなかなか突破口を見つけられないんだ。シャルケは欧州チャンピオンズリーグ、ブンデスリーガ、ドイツ杯、そして代表戦とプレーすることが何を示すのかが今分かってきたと思う。これは最大の重圧でこのハードさに慣れていなければ、なかなかうまくやっていけないよ。」

ミルコ・スロムカ: 「もちろんもっと多くのことを望んでいたんだが、バイエルンはとても強かった。バイエルンのディフェンス陣がとても良かったために、我々は全くチャンスを作れなかった。バイエルンはアクティブで対人プレーでも強かった。失点の後には自信を失ってしまった。最後の20分間はいくらか我々のプレーを見せることができた。」