presented by
Menu
FCB - レヴァークーゼン

FCバイエルン、上位決戦のコメント

FCバイエルンがブンデスリーガ上位決戦バイヤー・レヴァークーゼン戦を2:1(1:0)と制し、タイトル争奪戦でまた一歩抜け出した。勝利の喜びの他に、今日の勝ち方が注目を集めた。オットマール・ヒッツフェルト監督は「今日のチームのプレーは卓越していた。敵をしっかりと支配し、前へと非常によく攻めた」とチームを絶賛した。

コメント一覧:

オットマール・ヒッツフェルト: 「今日のチームのプレーは卓越していた。敵をしっかりと支配し、前へと非常によく攻めた。レヴァークーゼンがよく抵抗し、我々を守勢に何度か回らせたこともあり、前半は分からない試合だった。だがそのなかで我々は非常にいいディフェンスで大きなチャンスを与えなかった。2:0になったときは試合はほぼ決まっていた。その後は何点獲って勝つかが問題だった。3、4度と3点目を奪うチャンスがあった。だが何度か決められるところを決められずにいた。2:1の後の10分は再び落ち着きがなくなった。これがサッカー。チャンスを逃せば、よく罰が当たるものだ。これは今後あってはならない。」

ウリ・ヘーネス: 「今日は我々のトップゲームが観られた。だが2:0の後の100パーセントのゴールチャンスを決めることができなかった。レヴァークーゼンがゴールを決める前に最低でも5:0でなければならなかった。このような決定的なチャンスを私は上位決戦で観たことがない。だから今日勝てたことを喜ばなければならない。我々が水曜、難しい一戦があるなかでレヴァークーゼンは休養できていたことなどで違いはあった。だが3点、4点とするチャンスを逃していれば、いつかは問題がでてくることは心理的に明らかなことだ。その中でも局面的に素晴らしいシーンがあった。我々は今良いポジションにつけている。」

ルカ・トーニ: 「今日勝てたことに満足している。2点決められたことを喜んでいる。しかしもっと大事なことは勝たなければいけなかった試合に勝てたこと。これから全てのポイントがマイスターに向けて大事になってくる。まずタイトルが確実になるまでは落ち着くことはできない。そこまでは引き続き戦わないといけないし、それまで僕の好調が続くことも願っている。僕はファンにもっと喜んでもらいたいんだ。」