presented by
Menu
UEFA杯4回戦

FCB、アンデルレヒト戦のコメント

FCバイエルン、今回のUEFA杯で初黒星を喫す- ドイツレコードマイスターは4回戦第2戦でRSCアンデルレヒトに1:2と敗れた。しかしながら第1戦5:0の圧勝の後の敗戦を悲しむ者は誰一人いなかった。オットマール・ヒッツフェルト監督はここまで出場機会の少なかった数選手にチャンスを与えた。バイエルンの冬季加入選手は公式戦デビューを飾った。FCB監督は「対人プレーで強さをみせた」とブレーノについて語った。

コメント一覧:

オットマール・ヒッツフェルト: 「非常にいいサッカーを展開し、たくさんのチャンスを演出して本来ならば追加点を挙げなければいけなかった20分間を除けば、もちろんこの試合に満足することはできない。いらない2失点でリズムを失い、不安定なものとなった。もちろん圧力をかけたが、本当の得点機とまではいかなかった。ブレーノが初出場で安定感がないのはごく普通のことだ。だが彼は対人プレーの強さをみせた。選手全員がいいプレーができなかったのはいくらかがっかりしている。」

ウリ・ヘーネス: 「最初の15分で3:0としなければいけなかった、それができていれば楽に試合ができていたんだ。だがアウェーで5:0と勝利したとなると第2戦では緊張感はもちろんそこまでは大きくない。盛り上げることも大変なことだ、もしもう一度5得点を挙げなければいけない状態であったならば、また変っていただろうが。数選手からいいシーンが見受けられた、だが非常に素晴らしいプレーをしたのは誰もいなかった。ブレーノについては、彼が4ヶ月プレーしていなかったことを忘れてはいけない。今日がスタメン初出場だったんだ。いくらか時間がかかるのも当然のこと。しかしながら相手との競争、位置取りなどで彼が素晴らしい選手だということをみることができた。」