presented by
Menu
FCB監督、トッププレーを要求

FCB、ファンにFCBサッカーを魅せる

第一戦で次のステージ進出をほぼ確実にしたチームはどう第2戦を戦えばいいのか。恐らくこれがベルギーマイスター・RSCアンデルレヒトを水曜日にホームに迎えるFCバイエルンの試合前のファンの疑問だろう(20時30分からライブテレタイプとFCB.tv-Webラジオで試合中継)。

オットマール・ヒッツフェルト率いるチームはブリュッセルで5:0と圧勝してから6日後、第2戦を迎える。4月3、10日に行われる準々決勝進出のチケットはFCBではすでに獲得したという確信がある。ここで波乱が起きることなど誰も信じていない:未だにUEFA杯で5得点差をひっくり返したチームはいない。どうやってモチベーションを保てばいいのだろうか。

連勝街道を歩み続ける

この状況のなかでレコードマイスターの選手は熱狂するアリアンツ・アレーナで再びベストサッカーをファンに魅せることを試みる。ベテランMFマルク・ファン・ボンメルは「チケットは完売、観衆にいいものを魅せたい」とコメント。ダニエル・ファン・ボイテンは「僕たちのファンの前で素晴らしい試合をして何点か得点を獲りたいと思う」とコメント。

ここ数週間うまくいいゲームができて点も獲れている。バイエルンは今のところ4連勝を挙げ、もちろんこの流れを断ち切るつもりはない。ヒッツフェルトは「この一戦も勝ちにいくつもり」と強調:「これからの試合のためにも自信を培っていかなければならない。そのために敗戦は許されない。」土曜日にはエネルギー・コットブスでブンデスリーガアウェー戦が待ち受ける。ファン・ボンメルは「アンデルレヒト戦は(連勝の)リズムを保つための一戦」とコメント。

シュヴァインシュタイガーとゼ・ロベルト欠場

ヒッツフェルトはきっとこの一戦で主力を温存し、出場機会の少ない選手にチャンスを与えるだろう。ヒッツフェルトは「あまり出場しない選手数人が出場することになるよ」とコメント。すでにバイエルン監督は冬季加入選手ブレーノの公式戦デビューを示唆。バイエルン監督は「彼に注目している」という。ブレーノとCBコンビを組むのは同じブラジル人のルシオまたはマルティン・デミチェリスとなる。この一戦欠場となるのは疲労があるバスティアン・シュヴァインシュタイガー、ゼ・ロベルトそして累積警告で出場停止のルカ・トーニ。

ヒッツフェルトは「もう一度チャンスを掴むためにどの選手もトッププレーをすることが大事なんだ」と要求し、FCBのチーム内で「競争」させる。監督は「プレーする選手はもう一度アピールするためにトッププレーを披露しないといけない」と説明。しかしながら頭の中にある選手の名前までは挙げるつもりはなかった。

アンデルレヒト戦でも100パーセント全力

ローテーションがパフォーマンス向上に拍車をかける- このヒッツフェルトの信条がこの一戦でも決行される。ファン・ボイテンは「スタートからプレーする全選手が100パーセント全力を尽くす」と確信している。ベルギー代表CBはこう語気を強めた:「僕らのモチベーションは今、とても高いんだ。誰が相手だろうと、どの大会であろうと関係ないし、誰が出場するとかもね- うまく回っているんだ。とても楽しんでやっているし、もしかしたらまた小さなセンセーションを起こすかもね。」もちろんファンはこれにきっと反対ではないだろう。