presented by
Menu
コットブス - FCB

FCB、今季リーガ2度目の敗戦

最下位に敗戦- バイエルン監督オットマール・ヒッツフェルトは0:2とエネルギー・コットブスで敗戦後、はっきりと口にした:「暗闇の一日となってしまった。始めから対人プレーを避け、敵に多くのスペースを与え過ぎてしまった。ディフェンス面でもミスが目立った。」FCB監督はチームの集中力の欠如に不満を呈した:「数人の選手が周囲の(マイスター獲得)騒ぎに惑わされていた。」

コメント一覧:

オットマール・ヒッツフェルト: 「暗闇の一日となってしまった。始めから対人プレーを避け、敵に多くのスペースを与え過ぎてしまった。ディフェンス面でもミスが目立った。コットブスは冷静に落ち着いて、試合を組み立て速いカウンター攻撃をみせた。数人の選手が周囲の騒ぎに惑わされ、マイスターをすでに獲得したかのように夢を見始めていたのかもしれない。最後の集中力が欠けていた。アンデルレヒトも我々は甘くみていた。実際はこれが警戒のシグナルとして十分でなければいけなかったんだ。今日の一戦では開始10分で対人プレーに負けていた- すでにここで難しい一戦となるのは予想できていた。」

ダニエル・ファン・ボイテン: 「僕らは単純にピッチに立っていなかったんだ、アグレッシブさに欠け、パス交換は遅過ぎた、相手の穴も見つけることができなかった。コットブスは後方をしっかり固めて、カウンターを仕掛けてきた。前半は今シーズン最悪の出来だった。僕らがすでにマイスターになると信じているものがいればそれは大きな間違い。そして今日は楽な試合になると思ってしまったら間違いだ。今日は十分にやれていなかった。コットブスは今日、より積極的で、僕らの頭は次第に下を向くようになってしまった。ここで勝つためには十分ではなかった。」