presented by
Menu
RSC - FCB

FCB、RSC戦大勝のコメント

FCバイエルン、UEFAカップ4回戦第1戦RSCアンデルレヒト戦で5:0と大勝し、ほぼベスト8を手中にした。オットマール・ヒッツフェルト監督は試合後、「最後には最初に思っていたより簡単に勝てたようにみえた」とコメント。マルク・ファン・ボンメルは「今日の勝利はとても素晴らしいものだと言うしかない」と喜びを語った。

コメント一覧:

ウリ・ヘーネス: 「アルティントップのゴールでパーフェクトに試合に入ることができた。あのゴールはアンデルレヒトにとっては毒となった。彼らはきっと多くのことを望んでいたからね。ポストに直撃した相手のシュートでもう少しのところで彼らの息を吹きかえらせるところだった、ルカは誰にも真似のできないようなシュートで追加点を奪ってくれた。」

オットマール・ヒッツフェルト: 「最後には最初に思っていたより簡単に勝てたようにみえた。アンデルレヒトはとてもアグレッシブで対人プレーにも激しくきた。トーニのゴールが決まるまでは分からない一戦だった。これ以上にない勝利。来週末のコットブスでのアウェー戦に備えて、来週の水曜は力をいくらかセーブできる。そこで数人違う選手がプレーすることになる。例えばこれまでプレーしていなかったブレーノとかだね。」

マルク・ファン・ボンメル: 「難しい一戦だったけど、うまく処理し、素晴らしいゲームをすることができた。いくつかのコンビネーションは長いことみたことのなかったものだった。もちろん今日の勝利がとても素晴らしいものだったと言うしかない。20分後には少しばかり問題があったが、すぐにコントロールすることができた。チームは本当によくやったと思う。」

アリエル・ヤコプ(アンデルレヒト監督): 「今日のバイエルンは我々には強過ぎた。前半、我々はパスを繋げず、ボールをコントロールできなかった。バイエルンはヨーロッパのベストクラブの一つ。UEFAカップではなく、欧州CLに属するチーム。彼らがUEFAカップを獲得するチャンスは大きいだろう。我々は今夜のことは忘れて、マイスター獲得に向けて集中しなければならない。」