presented by
Menu
スタジアム来訪

クリンスマン、ヒッツフェルトと約束

バイエルン社長カール=ハインツ・ルンメニゲが土曜、UEFA杯ヘタフェ戦で来季FCB監督ユルゲン・クリンスマンがシュタディオンを来訪したことで起きた論争について無理解を示した。「ここまでの騒動について理解できない」とルンメニゲは「プレミエレ」の解説者としてブンデスリーガ中継に出演したときにコメント。

代表取締役社長はクリンスマンが居たことをチームは知らなかったと強調。「チームの邪魔になっていないと思うし、邪魔されたとも感じていないだろう」とルンメニゲ。

ヒッツフェルトは了承していた

バイエルンボスはクリンスマンがオットマール・ヒッツフェルトとの会食時に全て話しをつけていたとも報告。「聞いたところでは、きっといい話合いになったに違いない。ユルゲンは話合いの最後にオットマールに彼が試合に駆けつけたら、オットマールにとって差し支えるかとすでに質問していたんだ。もし差し支えるのであれば、彼はもちろん来なかっただろう。オットマールはこう答えたんだ:全く問題ない、成功ある良いゲームが観られたいいね。」

ルンメニゲは全ての人に「物事に冷静に取り組むこと」を要請した。「我々は好調を維持している、自ら問題を招くようなことをするべきでない」ともコメント。