presented by
Menu
FCB - VfB

シュトゥットガルト戦勝利のコメント

FCバイエルン、21度目のマイスター獲得をほぼ確実にした- レコードマイスターはVfBシュトゥットガルトに4:1と勝利、これでシャーレ獲得には残り4試合で勝ち点1が必要となる。FCBの喜びは大きく、これで自信をもってUEFAカップ準決勝第2戦ゼニト・サンクトペテルブルク戦に臨むことができる。バイエルン・マネージャーのウリ・ヘーネスは試合後、「マイスター獲得のお祝いの言葉を今やっとかけてもらうことができる」と述べた。「この世で我々を首位の座から陥落させる人間はもはやいない。」

コメント一覧:

フランツ・ベッケンバウアー: 「これ以上何が起こるんだい?ブレーメンとシャルケが残り4戦全勝すると信じている。だがFCバイエルンが4試合全敗する- これは考えられないよ。」

ウリ・ヘーネス: 「マイスター獲得のお祝いの言葉を今やっとかけてもらうことができる。この世で我々を首位の座から陥落させる人間はもはやいない。リベリーが放った3点目は信じられないものだよ。」

オットマール・ヒッツフェルト:「VfBは今日、手強い相手だった、特に前半は我々には若干の問題があった。後半は断固とした決意を示してくれて、対人プレーにも激しくいき、適切な時間帯で点がとれた。リベリーの3:1とする得点は素晴らしかった、信じられないゴールだ。我々はきっともっと差をつけて勝つことができていた。VfBは幾つかいい攻撃がありチャンスがあった、その点について我々はミヒャエル・レンジングに感謝しないといけない。彼が何度かいいセーブを魅せてくれたからね。お祝いの言葉をかけてもらうのは嬉しいが、まだ適切なタイミングではない。その時がくるまでは我慢して、(リーガ優勝の際は)お祝いをすることになる。」

アルミン・フェー:「私の見方では実際よりも点差がつき過ぎたと思っている。ゲーム内容は同等だった、だが我々はカウンターを最後のシュートまで結びつけることができなかった。同点の後も幾つかリードを奪うチャンスはあったんだ。バイエルンはFKから2:1とした。あれでほぼ試合を決まっていた。リベリーの3:1となる得点はセンセーション、あれで試合は終わっていた。私のチームを私は大きく批判することはできない、我々はここで勝ち点を奪いたかったんだ。最後にはバイエルンのもっていた能力で彼らは勝利し、勝者に値するよ。バイエルンのマイスター獲得についてお祝いの言葉をかけたい。バイエルンはシーズン最初から優勝候補だったと私は考えている。彼らは本当にベストメンバー、ベストプレイヤーを揃えている。もう一度マイスターになることを達成し、チームを一から作って輝かせたオットマール・ヒッツフェルトにおめでとうと言いたい。今年は数チームがバイエルンを憤慨させることが出来る可能性があったかもしれない、だがこれから近年はバイエルンのチーム全体の呼吸があってきたこともあり、バイエルンを苦しめるのはもっと難しくなると思う。」