presented by
Menu
アイントラハト - FCB

フランクフルトでの勝利のコメント

FCバイエルン、21度目のマイスター獲得に向けて勝ち星を重ねる。レコードマイスターはボルシア・ドルトムントに5:0と勝利した後の3日後、アイントラハト・フランクフルトで3:1(0:1)と勝利を収め、勝ち点差10を保った。オットマール・ヒッツフェルトは試合後、「不安定な試合で、フランクフルトも我々同様に勝つことができていた」とも述べた。シーズン残り5試合を残すなかでバイエルン・マネージャーのウリ・ヘーネスはこう確信している:「今はっきり言えるよ、我々がドイツマイスターになるとね。」

コメント一覧:

ウリ・ヘーネス:「今のところ我々には少しばかりツキがあるみたいだ。フランクフルトは追加点を奪うことは出来なかった。だが我々のような調子だと、勝てそうにない試合でも勝ってしまうものだ。最後にはチームは堂々とプレーをしてくれた、だが負けそうな時間帯もあった。今やっと我々がドイツマイスターになると信じられる。いつとかは私にとって特に重要ではない、だが今はっきり言えるよ、我々がドイツマイスターになるとね。」

オットマール・ヒッツフェルト:「今日は本当についていたね。我々が圧力をかけたときにカウンターを食らい、フランクフルトに先制されてしまった。その後にフランクフルトは2:0とすることができていた。後半は再び我々が圧力をかけ、1:1と同点にすることができた。そして2:1と勝ち越しゴールを狙いにいったんだ、我々は勝ち点1だけをホームに持って帰ろうとは思わなかったからね。不安定な試合で、フランクフルトも我々同様に勝つことができていた。この違いをルカ・トーニが再びみせてくれた。」

フリードヘルム・フンケル(フランクフルト監督):「ハノーファー戦とは逆に今日はチームのプレーに満足していない。バイエルンに負けずに抵抗することができた。決め手は我々が2:0としなかったこと、そしてファン・ボイテンの同点ゴールのヘディングシュートがファウルだったことが挙げられる。あれがなければ1:0とリードを守り、勝者としてピッチを去ることができていたかもしれない。」