presented by
Menu
第1戦1:1後の行方

統計上では準決勝進出が危ぶまれる

FCバイエルン、UEFA準決勝進出なるか- 統計からいくと、レコードマイスターの次のステージ進出に暗雲が立ちこめる。FCBはヨーロッパカップで1:1と引き分けた後に、アウェー戦を戦って次のステージに進出できたのは4戦中一試合だけである。

この一試合とは1990/91シーズンのチャンピオンズカップ準々決勝FCポルトでのアウェー戦で、クリスティアン・ツィーゲとマンフレッド・ベンダーの得点で2:0と勝利を収めた。

アウェー戦1:1の場合はいつも勝ち進む

逆にバイエルンは1:1とホームで引き分けた後に3度敗退している:欧州CL決勝トーナメント一回戦レアル・マドリード戦(2004)とACミラン戦(2006)に破れ、グラスゴー・レンジャーズにはUEFAカップウィナーズカップ準決勝で敗退している(1972)。

バイエルンがアウェーで1:1と引き分けた後、ホームでの第2戦ではいずれも12戦次のステージ進出を果たしている。

第1戦1:1後のFCバイエルンの第2戦結果:

チャンピオンズカップと欧州CL:
1972/73 一回戦 ガラタサライ・イスタンブール 6:0 (H)
1973/74 準決勝 ウーイペシュト・ブダペスト 3:0 (H)
1975/76 準決勝 レアル・マドリード 2:0 (H)
1990/91 準々決勝 FCポルト 2:0 (A)
1999/00 準々決勝 FCポルト 2:1 (H)
2003/04 決勝トーナメント一回戦 レアル・マドリード 0:1 (A)*
2005/06 決勝トーナメント一回戦 ACミラン 1:4 (A)*

UEFAカップウィナーズカップ:
1966/67 一回戦 Tatran Presow 3:2 (H)
1966/67 決勝トーナメント一回戦シャムロック・ローバーズ 3:2 (H)
1967/68 準々決勝 FCバレンシア 1:0 (H)
1971/72 準々決勝 ステアウア・ブカレスト 0:0 (H)
1971/72 準決勝 グラスゴー・レンジャーズ 0:2 (A)*
1982/83 一回戦トルペド・モスクワ 0:0 (H)
1982/83 決勝トーナメント一回戦トッテナム・ホットスパー 4:1 (H)

UEFAカップ:
1991/92 一回戦 コークシティ 2:0 (H)

*敗退
(H) ホーム
(A) アウェー