presented by
Menu
FCB - VfL

VfLボーフム戦逆転勝利のコメント

FCバイエルンの首脳陣と選手が安堵感に浸っていた。10人でVfLボーフム戦逆転勝利を収め、2位に勝ち点差9とリードを広げた。シーズン終了までに7試合を残して、レコードマイスターは21度目のマイスターに向けて大きなステップアップを果たした。オットマール・ヒッツフェルト監督は数的有利のボーフムに対し、「素晴らしい反骨心」を魅せたチームを「チームが士気を高めて闘ってくれたことを嬉しく思う」と称賛した。

コメント一覧:

オットマール・ヒッツフェルト: 「開始早々の失点、退場者とこのような試合を10人で逆転することは容易ではない。ボーフムはカウンター攻撃に強さをみせるチーム。我々はリスクを冒してスリートップで戦ったんだ、どうしても勝ち点3が欲しかったからね。ドイツマイスターになる上で、今日勝ち点3を奪ったことはいいタイミングだった。チームは退場者が出た後に反骨心をみせた。士気を上げるためにも重要な一戦だった。チームが士気を高めて闘ってくれたことを嬉しく思う。」

オリヴァー・カーン: 「信じられないぐらいの士気を示すことができた、チームが一体となり、最後の最後まで闘い抜いたんだ、これには正直チームに脱帽している。全てが懸かってくるこの様なシーズンのラストではセンチ、ミリメーターを巡る闘い、当日のコンディション、少しの運、そして少しの不運がマイスターの行方を決めることを私は知っている。」

マルセル・コラー(VfLボーフム監督): 「最初は我々の思惑通りだった:早い時間帯での得点、相手選手が退場。そして我々はバイエルンが少し疲れていることも知っていた。しかしバイエルンが10人で非常に強い圧力をかけ、我々が特に後半ゴール手前20、25メートルでボールを失い、バイエルンのペナルティーエリア内に侵入できなかったこともあり、最後までリードを保つことができなかった。結局はそれが我々の問題だったんだ。」