presented by
Menu
46試合39得点

「爆撃機2号」、得点王に輝く

ルカ・トーニ、得点王- イタリア人はシーズン最終節でハットトリックを決めて、FCバイエルン一年目を有終の美で飾った。試合終了後、「大砲」を受賞。ルカ・トーニは通算24ゴールで堂々とブンデスリーガ得点王に輝いた。この数字をFCバイエルン一年目から達成した選手は未だかつていなかった。

トーニは今季、FCバイエルン一年目、公式戦46試合中51得点に絡んだ:39ゴール12アシスト。ゲルト・ミュラー、カール=ハインツ・ルンメニゲ、ユルゲン・クリンスマン、ジオバネ・エウベルそしてロイ・マカーイらもレコードマイスターで一年目からこれだけ多くのゴールに絡むことはできなかった。

先制弾男、トーニ

FCバイエルンで初のクラブタイトルを獲得したW杯覇者のトーニは公式戦46試合中26回も先制点に絡んだ(16ゴール、10アシスト)。これにより先制点を16点挙げてクラブレコードを保持していたゲルト・ミュラーに並んだ。

ウリ・ヘーネスは「単純に彼は凄いんだ」とまとめた。称賛された男はこうコメント:「最高のシーズンだった、予想してはいなかったことだ。とても満足している。」トーニはUEFAカップでもパーヴェル・ポグレブニャク(ゼニト・サンクトペテルブルク)とともに大会10得点で得点王ランキング1位になっていた。