presented by
Menu
バイエルン - ビーレフェルト

「選手のプレーは素晴らしかった」

新ドイツマイスターとなったFCバイエルンはアルミニア・ビーレフェルトを2:0と下して、最高の雰囲気のなかでバイエルンファンと勝利を祝った。ウリ・ヘーネスは「観衆に素敵な夜を提供し、ブンデスリーガでの試合をしっかりとこなすつもりだった- これが本当にうまくいった」と満足していた。

コメント一覧:

ウリ・ヘーネス:「観衆に素敵な夜を提供し、ブンデスリーガでの試合をしっかりとこなすつもりだった- これが本当にうまくいった。チームは日曜日の祝勝会のあともしっかり戦ってくれた。選手が今日魅せてくれたものは素晴らしかった。」

オットマール・ヒッツフェルト:「重圧感がなくなっておかしな試合だった。ボールを支配し、コンビネーションを交えて、チャンスを狙うように試みた。チャンスは充分にあったし、2:0はOKな結果だよ。」

ミヒャエル・フロントツェック:「我々は敗戦に値するよ。しっかりと試合に入り、スペースをうまく狭めることができていた。勝敗を分けたシーンの一つは前半26分、我々が2度のビックチャンスを活かせきれなかったあとにカウンターからバイエルン・ミュンヘンに先制点が生まれたことだ。ハーフタイムの控え室でもう一度立て直そうとしたんだ、しかし後半に入ってすぐに2失点目を喫してしまった。その後はバイエルン・ミュンヘンのクオリティーを前にしてもう一度試合に戻ってくることはとても難しいことだ。」