presented by
Menu
MSV - FCB

アウェー最終戦勝利のコメント

最後のアウェー遠征、アウェー最終戦そして勝利- FCバイエルンはMSVデュイスブルクでのアウェー戦に3:2で勝利したことをもちろん満足していた。オットマール・ヒッツフェルト監督は「20分後に3:0とリードしていることは誰も信じることはできなかった、私もね」とコメント、彼にとってタイトルを獲得した後も「最後までFCBのゲームをやり遂げること」が重要だった。ミュンヘンはFCバイエルンに敗戦した後に2部リーガ行きが決定したMSVを思いやった。「デュイスブルクや素晴らしいファンにとって降格は非常に残念だ」とヒッツフェルト。

コメント一覧:

オットマール・ヒッツフェルト:「試合は我々にとても有利に始まった。20分後に3:0とリードしていることは誰も信じることはできなかった、私もね。デュイスブルクは前半、力を出しきれていなかった。しかし後半は一転して非常にいいゲームをしたんだ。我々にとっては最後まで我々のゲームをやり遂げることが重要だった。我々は(降格について)他のチームに対しても責任がある。デュイスブルクや素晴らしいファンにとって降格は非常に残念だ。」

マルセル・ヤンセン:「アウェーで早い時間帯に点を奪うことはいつもいいこと。デュイスブルクはどうしても勝ちが必要だった、だけど僕らは前線へとプレーし、早くに得点を獲ることができたんだ。観衆にとってはきっと興味深い試合だっただろうね。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「早い時間帯でのゴールは僕らにとってとても大事だった。それが貯金となった。僕らはまだ何かタイトルが懸かっているかのようにプレーして、最後には少し力がなくなってしまった。他のチームにも僕らはフェアであるべきなんだ、当時、ウンターハッヒングがレヴァークーゼンに勝利したときに僕たちが得したようにね。」

ワルター・ヘルミッヒ (MSV-会長):「ブンデスリーガの戦いに今日は負けていなかった。すでにこれ以前に勝ち点を獲っておかなければならなかったところを取りこぼしていたんだ。再び一部に昇格するために全力を尽くすしかない。」

ルディ・ボマー (MSV-監督): 「もちろんとても悲しい、まずはこのことを消化しなければならない。この一戦で多くのことを達成するつもりだった、だけど0:1の後は多くのミスもあり、とても難しくなった。早い時間帯の失点は我々を神経質にさせたんだ。ハーフタイムに私は選手の面目をかけてやることをアピールしたんだ。どうやらそれに効果があったようだ、後半にはいい試合をみせてくれた。我々は今日、最後まで投げ出さずにやったんだ。我々が降格することになったのは多くのことが絡んでいる。」