presented by
Menu
再び負傷

アルティントップ、ユーロ出場が危ぶまれる

ケガの不運がまたもやハミト・アルティントップに襲いかかった。中足骨骨折から完治したばかりのFCバイエルンMFは金曜、トルコ代表での練習中に内転筋を痛め、オーストリアとスイス共催の欧州選手権出場が危ぶまれる。

MFは先週日曜、ウルグアイとのテストマッチ(2:3)で2ヶ月ぶりの実戦復帰を果たした。木曜日にデュイスブルクで行われたフィンランドとのテストマッチ(2:0)では筋肉系の問題により途中交代していた。

ハリルがハミトの代わり?

25歳のトルコ代表選手は土曜、バイエルンドクターのハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファートの下で診察を受けた。ポルトガルとの初戦(6月7日)の出場は微妙だ。アルティントップが欧州選手権スタートに間に合わない場合、トルコ代表監督は初戦の前に追加招集することができる。先日最終エントリーから外れたイルディレイ・バストゥルク(VfBシュトゥットガルト)とハミトの弟ハリル・アルティントップ(FCシャルケ04)が有力候補となるだろう。

トルコ代表は日曜、マリエンフェルドでのトレーニングキャンプを切り上げ、チャーター機でミュンスターからジュネーブ入りする。トルコ代表チームはグループAでポルトガルの他にホスト国スイスそしてチェコと対戦する。