presented by
Menu
期限付き移籍延長

ゲルリッツ、KSCでもう一年プレー

数週間憶測が飛び交った後にアンドレアス・ゲルリッツの今後の行方が明らかになった。FCバイエルンとカールスルーアーSCが金曜、26歳DFがもう一年カールスルーアーに期限付き移籍することで合意した。

代表キャップ2をもつゲーリッツはシーズン始めにカールスルーエと期限付き移籍。この契約は両クラブの首脳陣の間で2009年6月30日まで延長されることになった。KSCマネージャーのロルフ・ドーメンは先日、「アンドレアス・ゲルリッツを完全移籍させたい」とも表明していた。

ゲルリッツは今シーズン、昨季昇格チームKSCでレギュラー選手として活躍し、ブンデスリーガ31試合に出場。しかしながらエドムンド・ベッカー率いるチームはシーズンラスト、ゲルリッツ抜きで戦うことになる。ゲルリッツは右足首の軟骨を損傷し、ボーフムそしてハンブルガーSV戦に欠場する。