presented by
Menu
マイスターマネージャー

ヘーネス「休暇を楽しみにしている」

バイエルンマネージャーのウリ・ヘーネスがただ一人、21度目のドイツマイスター獲得した後の集団ヴァイスビールかけから逃れることができた。リーガ3節を残してのリーガ優勝だけではなく、国内3冠を奪った最高のシーズンにもヘーネスは「大満足」しているとミュンヘンに到着後、インタビューの中でコメント。「昨年だったら今の我々の第31節終了時点の状態を不可能だと思っていただろう」とヘーネスは続け、彼自身16度目のマイスタータイトル獲得後に「シーズンオフ」を楽しみにしているとも語った。

マイスター獲得後: ウリ・ヘーネス

質問:「昨年4位になった後にチーム大改革を断行しました。バイエルンはチームに前例のないほどお金を投資しました。希望は全て叶いましたか。
ウリ・ヘーネス:「102%うまくいったと思っている。昨年だったら今の我々の第31節終了時点の状態を不可能だと思っていただろうね。だから大満足しているんだ。」

質問: 2冠を達成してFCバイエルンを去るオットマール・ヒッツフェルトにどのぐらい感謝されていますか。
ヘーネス:「私はいつもオットマール・ヒッツフェルトの友人であり、擁護者でもあったし、これからもそれは変わることはない。彼がクラブ監督を辞めることはとても残念だ。我々は彼のクラブ監督しての最後のシーズンで大きな成功を収めることができた。私は彼がスイス代表監督として活躍することを祈っている。」

質問: 欧州CLに向けてどのようにチームを強化する必要がありますか。
ヘーネス:「それに対しては批判的に考えていない。サンクトペテルブルクでは本当に悪いゲームだったけど、それは一時的なこと。欧州CLに向けて戦力が整っていないとは思わないんだ。欧州CLではたまにサンクトペテルブルクでのゲームよりも容易なものがあると確信している。」

質問: フランク・リベリーやルカ・トーニが一年目からFCバイエルンで成功すると考えていましたか。
ヘーネス:「そのことについて私は興味がない。私はこれだけ圧倒してのマイスター、ドイツカップに加えリーガカップ獲得そしてUEFAカップ準決勝進出は想像できなかった。サンクトペテルブルクとの試合の後に我々を批判するものがいたが、彼らはヨーロップのビッククラブが我々のように3大会でプレーしていないことを理解していないんだ。」

質問: 1年では強豪とはなりませんが、どれだけのポテンシャルが今のバイエルンチームに潜在していますか。
ヘーネス:「今の段階ではコメントすることはできない。だがチームが来年、改善されることは確かなことだ。1、2人の選手を獲得することになる。これで我々は来季に向けて準備ができていることになる。」

質問: リベリー、トーニまたはクローゼなど欧州選手権後に遅れて来季の準備期間に合流することはユルゲン・クリンスマンにとっては難しいスタートとなるのでしょうか。
ヘーネス:「それはヨーロッパ全体を通してどこのクラブにも言えること。バイエルン・ミュンヘンだけの問題じゃないよ。」

質問: すでに白熱する来季を楽しみにしていますか。
ヘーネス:「今は休暇を楽しみにしているよ。」