presented by
Menu
2011年まで

レル、早期に契約延長に合意

クリスティアン・レルがマイスター獲得後、ヴォルフスブルクでヴァイスビールかけをスタートさせた。右SBのレルは月曜、またお祝いをする理由があった:FCバイエルンと2011年6月30日までの契約延長に合意。本来であれば、右SBとの契約は2008/09シーズン終了時に満了となっていた。

レルは今シーズン、サプライズの一人となった。昨夏にはこの23歳を構想に入れるものは誰一人としていなかった- 「正直に言うと:自分自身でもこうなるとは思わなかった」と彼は自ら数週間前にコメント。彼はこれまでの公式戦54戦中44試合に出場。「彼の成長はセンセーション」ともウリ・ヘーネスは前期終了後にコメント。

FCバイエルン生え抜き

FCバイエルンから数百メートル離れた場所で育った右SBは、レコードマイスターの生え抜き選手。1993年に彼はFCBジュニアに入団、U17そしてU19でもドイツマイスターに輝き、2004年にはサテライトとレギオナルリーガを制している。その後は2年間のレンタル移籍で1.FCケルンへ。

2006年にFCバイエルンに戻ってきたレルはプロ2年目で躍進を遂げた。ウィリー・サニョール、フィリップ・ラームそしてマルセル・ヤンセンらがケガで一時的に同時欠場したときにチャンスがレルに回ってきた。コンスタントなプレーで彼はベンチスタートから頻繁に試合に出場する選手へと一皮むけることになった。