presented by
Menu
「大満足している」

FCB、21度目のマイスター獲得のコメント

リーガ優勝が決まった- バイエルンはVfLヴォフスブルクで0:0と引き分け、マイスターを獲得、そして伝統にもなった巨大なグラスでのヴァイスビールかけが行われた。代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは「今日の夜は騒ぐことになる、チームはそれに値する功績を残してくれた」とコメント。

コメント一覧:

代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲ:「本当に最高のシーズンだった。チームが立派にやり遂げてくれた、我々は非常に満足している。今日の夜は騒ぐことになる、チームはそれに値する功績を残してくれた。」

GMウリ・ヘーネス:「最終的には我々はマイスターに相応しいチームだと私は思う。シーズン残り3節を残して優勝を決めるということは力を示していることだ。最終節ヘルタBSC戦のあとに盛大なお祝いをすることになる。」

会長フランツ・ベッケンバウアー:「彼らはマイスターに値するチームだと思う。第1節から首位だった、これは非常に稀なケースだよ。非常にいいシーズンだった。多くのお金を投資したことが実った、本当に良かったよ!」

オットマール・ヒッツフェルト:「期待が大きかっただけに特別なシーズンだった。大投資をしたこともあり、重圧もとても大きかった。ドイツマイスターになれば、満足することができる。再びドイツNo.1になったことはクラブ全体にとっても嬉しいことだよ。ユルゲン・クリンスマンに最高のチームを渡すことができることを喜んでいる。このチームは来季、また頂点で競い合うことになる。」

ルカ・トーニ:「僕らはドイツマイスター。とても嬉しいよ。UEFAカップで敗退した後に今日はお祝いができるんだ。この瞬間を満喫したいね。」

マルク・ファン・ボンメル:「今日はあまり良くなかった、だけどシーズンを通じてマイスターに値する出来だったよ。今日は5、6、7選手が欠ける中でプレーしたチームを褒めたいね。ウィンターブレイクの前に少しの間だけよくない時期があった。その他は最高のシーズンだった。」

フェリックス・マガト、VfLヴォルフスブルク監督:「残念ながらベストチャンスをものにすることができなかった。これではドイツマイスターには勝つことはできない。我々は勝ち点2ポイントを失ったこともあり、バイエルンの選手だけが喜ぶことができるんだ。FCバイエルン、特にオットマール・ヒッツフェルト監督におめでとうと言いたい。私はマイスターとカップ戦覇者になることがどれだけ難しいかを知っているからね。」