presented by
Menu
「完璧に終了」

リベリー左足首の手術成功

フランク・リベリー手術成功- ボーゲンハウゼンクリニックのチーフドクター、Dr. Ludwig Seebauerの情報によると25歳の非凡なサッカー選手の手術は「完璧に終了した」とバイエルン代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは説明した。リベリーは休暇の前に数日間、クリニックに入院することになる。FCバイエルンのユーロ2008戦士は敗退の日から3週間の休暇を得ることになる。

まずは休暇、それからリハビリ

リベリーは前半8分、ザンブロッタとの衝突で負傷退場となった。激痛もあり彼はピッチから担ぎだされ、チューリッヒの病院へと運ばれた。そこでは下腿の骨折かと心配されていたが、幸いなことに骨折はなかった。

ドイツ代表のチーム宿舎でバイエルンとドイツ代表チームドクターのミュラー=ヴォールファートが即座に検査をしたところ、ケガの重さが判明した。リベリーは休暇のあとにゼーベナー・シュトラーセの新トレーニングセンターでリハビリをスタートさせる。フランスの「年間最優秀選手」は最適な治癒経過でシーズン開始の8月15日に間に合うかもしれない。