presented by
Menu
ホーム戦前泊なし

クリンスマン、試合前日の宿泊を廃止

ホーム戦前日の宿泊の時代は過ぎ去る- ユルゲン・クリンスマンは新シーズン始めからFCバイエルン選手の前泊を廃止することを決めた。「時間をつぶすためにどこかのホテルに行くことは必要ない。内容的に変わることは何もない」とバイエルン監督は木曜、プレスの前で前泊廃止について説明。

これを可能にさせたのもゼーベナー・シュトラーセの新トレーニングセンターの存在だ。「新しい空間によりわれわれは全く違うことを計画することができる」とクリンスマンはコメント。43歳は今後、土曜に試合があるときは従来どおり前日にゼーベナー・シュトラーセに前日調整のためにチームを集合させることになる。

自宅で睡眠をとるのがベスト

「前日調整の後に選手は治療を受けて、夕食をとる。恐らくミーティングが入ってくる。」そのあとは全員が自宅に帰る。「これは選手の意にかなうと私は思っている。自宅で睡眠をとるのがベスト」とクリンスマン。

翌日の午前10時または10時30分、選手がゲームのラスト準備に向けて集合する。「少し軽めに汗をかいて、特製のランチを食べることになる。13時30分にバスでシュタディオンに向けて移動する。」