presented by
Menu
測定、ジョギング、1タッチゲーム

デミチェリス、ルシオとサニョール、チームに合流

チーム始動から10日目、マルティン・デミチェリス、ルシオおよびウィリー・サニョールら3選手が休暇を終えてゼーベナー・シュトラーセに戻ってきた。これで23選手のうち14名がチームに揃い、残りの9選手は来週にチーム合流することになる。

この3人組を待ち受けていたのは雨降りだけではなく、休暇明けのフィットネステストだった。オリヴァー・シュミットラインと彼のフィットネスチームが柔軟性、協調性および安定性のテストを行った。その後にデミチェリス、ルシオそしてサニョールはフィットネスコーチのマルセロ・マルティンスとピッチの周りをジョギングした。

ダッシュの代わりに1タッチプレー

ほかの選手たちもこの日は測定となった。スプリングマット上で脚力、瞬発的な力が計測され、懸垂および腕立て伏せによりバイエルン選手は上半身の力も測られた。これにバランステストも加わった。

このほかにも様々なスプリングテストを実施する予定だったが雨天のために中止となった。その代わりに選手たちは引き続きトレーニングでパスワークを強化。ミュンヘン選手たちは狭いスペースのなかで1タッチのボール回しを6対3で行った。木曜にスプリングで行われる予定となっている。