presented by
Menu
休暇終了

トーニ、「ハードトレ」宣言

ルカ・トーニ、FCバイエルンに合流- トーニが火曜、たくさんの新しいスパイクが入った大きなダンボール箱を脇に抱えてFCバイエルンに姿を現した。3週間のOFFを終えた後のイタリア人はドイツレコードマイスターでの新シーズンに向けて準備万端のようにみえた。

昨季ブンデスリーガ得点王は「休暇はいつもいいもの、だけど人生は休暇だけではない」と今シーズン初めてメディアと対談したときにコメント。「ハードにトレーニングするために戻ってきた。」トーニが午前、スパイクに履き替える前に新トレーニングセンターと対面した。

イタリア語でのガイド

クラブハウスに到着後、彼はロッカーの個人メッセージボードを前に立ち尽くした。マルク・ファン・ボンメルやクリスティアン・レルが彼を笑顔で迎え、彼に詳細について説明。それからユルゲン・クリンスマンが新トレーニングセンターを案内することになった。

FCバイエルン監督はストライカーをロッカールームからカフェ、フィットネスルームとファミリールームそしてオーディオルームから屋外テラスまで案内した。クリンスマンは流暢なイタリア語で各ルームについて説明し、コーチングスタッフも紹介した。トーニは「全てが新しい、全てが今までとは違う。とても奇麗になった」と語った。「クラブはとてもいい労働条件をつくるために大投資をした。」

ユーロ大会のショックを振り払う

この集中できる環境がFCバイエルンは新シーズンに必要となるとトーニは述べた。「ハードなシーズンになると考えている」と彼はコメント、「欧州CLでは厳しい戦いが待っている、この大会はベストチームが競い合うんだ。」

トーニの気持ちはチーム合流初日、新シーズンに向けられていた。スペインに準々決勝でPK戦の末に敗れたユーロ大会をすでに消化していた。「もちろんガッカリしたよ。僕らみんながファイナルに行けると期待していたからね。だけどもうそのことは考えない、FCバイエルンだけに集中するんだ。」

ゴールだけが頭にある

FCバイエルンは新シーズン、ブンデスリーガ、ドイツカップおよび欧州CLで戦うことになる。「僕らの目標を達成するために自分のベストを尽くすつもりだ」と彼は約束、個人的な目標についても触れた:「たくさんのゴールを決める。」

これに向けてトーニは火曜からトレーニングをスタートさせた。トレーニング初日となった午前にはフィットネストレーナーのトーマス・ヴィルへルミが見守るなかで彼は休暇明け選手としては恒例のフィットネステストを行った。柔軟性、協調性および安定性が計測された。クリンスマンは「これでどこからトレーニングを始めることができるかすぐに分かる」とfcbayern.deに説明した。