presented by
Menu
T-Homeスーパーカップ

バイエルン、ベスト布陣で臨む

チーム始動から3週間、FCバイエルンは格下相手とのテストマッチ3試合を経て本当のテストに挑むことになる。ダブルタイトル獲得のFCバイエルンは水曜夜、ボルシア・ドルトムントとT-Homeスーパーカップを懸けて戦う。ユルゲン・クリンスマンは「われわれにとって今季最初の本当のテストとなる」と昨シーズンのドイツカップファイナルの再戦を前にコメント。

FCバイエルンは4月19日、ベルリン・オリンピアシュタディオンでBVBを延長戦の末に2:1と破った。今回はウェストファーレンがホームとなる。ドルトムント新監督ユルゲン・クロップにとってもこの一戦は新シーズンに向けて「チームを見極める最初の機会」となる。シグナル・イドゥナ・パークでキックオフは20時30分。

ミュラーとヘルトが優勝杯を贈呈

この一戦の主審はトルステン・キンヘファー。両クラブとも最大6選手交代させることができる。90分で勝敗がつかない場合はすぐにPK戦となる。優勝杯は両クラブの名選手ジギ・ヘルトとゲルト・ミュラーから贈呈される。

この優勝杯をミュンヘンに持ち帰るためにクリンスマンは全ユーロ戦士を初めてメンバー入りさせるつもりだ。「われわれは全選手でドルトムント入りする- どのぐらい一人一人が出場するかは当地で決めることになる。」とバイエルン監督はFCB.tvとのインタビューのなかでコメント。

ボロフスキー、FCBデビュー間近

ドルトムント戦で新加入選手ティム・ボロフスキーがFCBデビューを果たしそうだ。ウリ・ヘーネスは「われわれのほぼフルメンバーが揃う最初のゲーム。そのためとても真剣に捉えている」とウリ・ヘーネスGMは示唆。そしてクリンスマンはこうコメント:「われわれは素晴らしいゲームを披露するつもりだ。個々のコンディションを確認するつもり。それが集中を高めることになる。」