presented by
Menu
アリアンツ・アレーナ公開練習

フランク・リベリーがミュンヘンに戻ってきた

FCバイエルンの選手が火曜、アリアンツ・アレーナでの公開練習で新ユニホームを身にまといトレーニングを行った。1万5千人を超すファンが駆けつけ、日も何度かフレットマニングを照らすなど天気も味方した。しかしここでFCバイエルンファンがより驚くことになった:バイエルン最後の戦士、フランク・リベリーが火曜、レコードマイスターに帰ってきた。

フランスのドリブラーは「ミュンヘンにまた戻って来られてとても嬉しい」とコメント。彼は靭帯の手術後、松葉杖をつきながらアリアンツ・アレーナに足を踏み入れ、バイエルンファンから熱烈な声援を浴びた。リベリーは水曜日に術後の診察を受けることになる、ここで25歳の今後が決定することになる。

9月に復帰を目指す

彼自ら欧州CLスタートとなる「9月」にFCバイエルンで戦列復帰することを考えている。まだ松葉杖をつくフランス人だが、すでにやる気に満ちあふれている。ギプスを巻いた足で相手を欺く自信があるのかという問いに彼はこう答えた:「今と同じようにファンのサポートを受ければ、問題はないよ。」

このリベリーの言葉どおりとなればダブルタイトルを獲得した昨季のように新シーズンも成功することになる。「チームが始めから最後まで昨年のような雰囲気になることを望んでいる。もしそれがうまくいけば、僕はまた大きな成功を得ることができると思う」とリベリーは続けた。

心温まる歓迎

サイドアタッカーのミュンヘン帰還を喜んだのはファンだけではなかった。彼のチームメートやコーチングスタッフらもトレーニングを一時中断してリベリーを歓迎した。その後は再びハードなトレーニングがFCバイエルン選手を待ち受けていた。彼らはアリアンツ・アレーナに詰めかけた1万5千人のファンの前で水曜夜にボルシア・ドルトムントで行われる非公式のスーパーカップ前日の最終調整を行った。

ティム・ボロフスキーをフリーマンとする9対9のゲームでは新ユニホームを身にまとった両チームが果敢に競り合うだけではなく、いくつかの好プレーでファンを湧かせた。これがスーパーカップそして新シーズンの小さな予感となることを期待したい。