presented by
Menu
1:2 T-Home-Supercup

プレシーズン初の敗戦のコメント

新シーズン前の初テストとなった一戦でFCバイエルンは敗北を喫した。レコードマイスターはT-Home-Supercupでボルシア・ドルトムントに1:2と敗れた。しかしながらユルゲン・クリンスマンが心配する理由はない。「おおまかにみてわれわれの試合は及第点だった」とFCバイエルン監督はチームの出来についてコメント。

コメント一覧:

ユルゲン・クリンスマン:「とても楽しいゲームだった。前半に何点か獲れるチャンスがあった。ドルトムントが先制してからはもちろん難しい一戦となった。おおまかにみてわれわれの試合は及第点だった。われわれは今日の朝、とてもハードにトレーニングを行ったんだ、しかしチームはうまくこの状況を切り抜けてくれた。結果について話しをするのはまだ時期が早過ぎる。代表選手は6日前に休暇から戻ったばかりでコンディションが戻るまでにはまだ3週間から4週間はかかる。これはごく普通のプロセスだ。」

ユルゲン・クロップ:「われわれのチームはよく戦った。われわれがやりたかったことを彼らは実行してくれた、そのためにわれわれは満足している。しかしながら周囲は間違った結論をだしてはいけない。バイエルンの多くの選手がトレーニングを始めて間もないことを誰もが知っているんだ。われわれがまた対戦する4週間半後、全く違う一戦となる。」