presented by
Menu
インタビュー

モウリーニョ:「バイエルンに勝つつもりだ」

ドイツマイスターvs.イタリアマイスター、ユルゲン・クリンスマンvs. ジョゼ・モウリーニョ - 8月4日にミュンヘン・アリアンツ・アレーナで開催されるフランツ・ベッケンバウアーカップ、FCバイエルンとインテル・ミラノの対戦は激戦となる。FCバイエルンにとってこの一戦は公式戦スタートとなる6日後のドイツカップ初戦ロート・ヴァイス・エアフルトまでのラストマッチとなる。一方、セリエAで3連覇を果たしたインテルは逆に3週間後にシーズンがスタートする。

インテル・ミラノ新監督はFCバイエルンとの対戦を楽しみにしている。「フランツ・ベッケンバウアーに会えること、カップを懸けて対戦ができることは名誉」とモウリーニョはfcbayern.deとの独占インタビューのなかでコメント。

インタビュー:ジョゼ・モウリーニョ

fcbayern.de: モウリーニョ氏、イタリアマイスターのインテル・ミラノに就任してから2週間弱ほど経ちます。ここまでの感想を聞かせて下さい。
ジョゼ・モウリーニョ:「われわれはまだ私と選手が知り合う段階。残念ながらワルター・サムエル、イヴァン・コルドバ、クリスチャン・キヴやズラタン・イブラヒモヴィッチおよび4選手がケガを理由に欠けているんだ。だけど8月下旬のセリエA開幕までにいい状態にもっていくつもりだ。」

fcbayern.de: 8月4日、アリアンツ・アレーナでFCバイエルンと対戦します。バイエルンと結びつくものは何でしょうか?
モウリーニョ:「FCバイエルン・ミュンヘンは紛れもなく世界のベストチームのうちの一つ。父親が子供の頃、ベンフィカとバイエルンの試合を観るために私をダ・ルスシュタディオンに連れて行ってくれたことを思い出すよ。当時、フランツ・ベッケンバウアー、ゲルト・ミュラー、ゼップ・マイヤーまたはカール=ハインツ・ルンメニゲなどとても素晴らしいプレイヤーが出場していたんだ。あれは本当に最高のものだった。」

fcbayern.de: FCバイエルンもユルゲン・クリンスマンを新監督として迎えました。彼のことを個人的にご存知ですか、彼をどう評価されていますか?
モウリーニョ:「彼とはアメリカで会ったんだ、われわれのトレーニングキャンプを訪れてくれて、トレーニングを視察していた。彼はとても親切でとてもオープン、彼がミュンヘンでうまくいくことを願っているよ。」

fcbayern.de: プレシーズン中のミュンヘンでの試合のポイントおよびFCバイエルンからどんなことを予期していますか?
モウリーニョ:「FCバイエルンはすでにスーパーカップでプレーし、ブンデスリーガスタートが間近に迫っている。われわれよりも状態はいい、われわれはトレーニングを2週間前に始めたばかり、セリエA開幕は8月下旬だからね。難しい一戦を予期している、だけどそれはそれでいいことだ。私はどちらかというと今大変で後から楽になる方がいいんだ。」

fcbayern.de: しかしながらこの試合は親善試合というよりもフランツ・ベッケンバウアーカップということで勝敗が懸かってきます。今シーズン最初のカップとなると思うのですが…。
モウリーニョ:「私はベッケンバウアー氏がとても偉大な人格をもっていることで知っている。彼は世界中で有名で、誰もが彼にリスペクトを払っている。われわれにとって彼に会うこと、カップを懸けて対戦ができることは名誉。もちろんわれわれは勝ちにいくつもりだ。だけどマテラッツィ、キヴ、サムエル、コルドバとリバスがいないなか、ベッケンバウアー氏がわれわれのチームのCBに必要だよ。」