presented by
Menu
長期離脱

サニョール、アキレス腱を手術

ウィリー・サニョール、ケガの不運が続く- 右サイドバックは月曜夜、アキレス腱の手術をうけた。順調に回復しても長期離脱が見込まれる。

レコードマイスターのクラブ医師団はアキレス腱のケガが以前に痛めた箇所と分かった、診断後すぐに手術の決断に至った。

膝、腰、アキレス腱

サニョールにとってこのケガは痛い後戻りとなる。昨年の4月に右膝の軟骨障害を患った、その後長期離脱。昨シーズンの後期始めに再び戦列復帰、だが3月に椎間板ヘルニアで戦線を離脱。

31歳は新シーズンに「元のレベルを取り戻す」と数週間前に宣言していた矢先のことだった。アキレス腱のケガが彼のプランを台無しにしてしまった。