presented by
Menu
トーニ欠場

バイエルン、トーニ抜きでエアフルトへ

ルカ・トーニ、ドイツカップ初戦欠場-「ルカにとって試合はまだ早過ぎる」とFCバイエルン監督ユルゲン・クリンスマンは木曜、ルカ・トーニを起用しないことに決めた。イタリア人は依然としてふくらはぎのケガに苦しむ。彼のほかにフランク・リベリー(靭帯断裂)、マルティン・デミチェリス(下腿)、ウィリー・サニョール(アキレス腱)、ハンス・ユルク・ブット(筋肉系のケガ)、ティム・ボロフスキー(膝)、ソサおよびブレーノ(五輪出場)らが欠場する。

勝利への意志が屈することはない

多くの欠場選手を抱えるなかでもクリンスマンが3部チームとの対戦を前に冷静さを失うことはない。「ケガ人が多いことは確かに好ましくないこと」とバイエルン監督、「だがそれで圧力を感じることはないし、そのなかでもベストを尽くす。われわれは結果をえるつもりだ。」

エアフルトでのドイツカップ初戦を前にレコードカップ覇者の勝利への意志が屈することはない。システムだけが多くの欠場選手のために変更となる。「デミチェリスがいないなか3-5-2のシステムでプレーさせられない」とクリンスマン、すでにプレシーズンに4-4-2のシステムをチームに体得させていた。

サテライトから補強

しかしながらクリンスマンはすぐに選手の代わりをみつけられない。FCバイエルン監督はエアフルトでの一戦で、トーマス・ミュラー、ホルガー・バートシュトゥーバーおよびデニス・イルマスをサテライトから招集する可能性がある。これに加えバスティアン・シュヴァインシュタイガーがインフルエンザを完治させたようだ。彼は木曜のトレーニングにフル参加した。