presented by
Menu
ヤンセン移籍

マルセル・ヤンセン、ハンブルガーSVへ

マルセル・ヤンセン、加入1年後にレコードマイスターを去り、新天地ハンブルガーSVに移籍することが決まった。契約期間は2013年6月30日までの5年契約となった。

22歳左SBの移籍が水曜、両チーム間で合意に至り、移籍金金額については沈黙を守ることで一致。ヤンセンは木曜、メディカルチェックのあとにハンブルクで入団会見を行う予定。これによりヤンセンは日曜のヘルタBSCベルリン戦とのホーム戦から出場しない。

ケガでブレーキ

ヤンセンは昨季、ボルシアメンヒェングラッドバッハからミュンヘンに移籍。ドイツ代表DFはブンデスリーガ17試合、UEFAカップ10試合およびDFBカップ3試合に出場し、ダブルタイトル獲得の立役者となった。足関節の負傷による3ヶ月の戦線離脱が多くの出場機会を奪った。

今季のプレシーズンでもケガによりブレーキがかかった。出場機会こそなかったもの、リーガスタート2試合ではベンチ入りしていた。

22歳DFが1年前にミュンヘンに入団したときに語った夢は叶った:「グラッドバッハで体験できなかったアウェー戦での数々の勝利。それができればいいね。」