presented by
Menu
FCバイエルンに合流

金メダリストのソサ、活躍を期す

FCバイエルンの五輪金メダル戦士ホセ・エルネスト・ソサが日曜、北京からミュンヘンに到着後、空港からすぐにゼーベナー・シュトラーセに直行した:ソサはレコードマイスターでの2年目に活躍を期す。五輪での成功が彼に更なるモチベーションを与える。「金メダル獲得は新たな活力となる」とソサはコメント。

五輪決勝ナイジェリア戦勝利から3日後の火曜、ソサは彼の金メダルを誇らしげに報道陣に披露した。「金メダルはとても重要、母国のためにこのメダルを勝ち取ったんだからね」と彼は続けた。しかしアルゼンチンの五輪優勝は準決勝ブラジル戦勝利の陰ともなっていた。永遠のライバル相手に3:0または金メダル、どちらが重要かという問いにMFはこう答えた:「ブラジルに勝つこと。」

ブラジル戦勝利および金メダルだけではなくオリンピックの特別な雰囲気がソサにとって忘れられないものとなった。彼はオリンピック村で3日間過ごすことができ五輪の雰囲気を少しながら楽しむことができた。「他のトップアスリートを知り合えたことはすばらしかった」と彼は語った。アルゼンチン五輪代表はほとんどの時間を上海で過ごしていた。

全体的にソサの五輪統括はもちろんポジティブだった。「とても満足していて、とてもすばらしかった。自分たちの目標を達成できた。」今、23歳MFはFCバイエルンでスタートをきるつもりだ。「いい状態で戻ってきた。体調は万全でいい感じ」と彼はコメント。

ソサは昨シーズン、FCバイエルンで公式戦25試合に出場し、10試合スタメン出場を果たした。新シーズンは少しばかり出場数が増えることになるだろうとバイエルンの金メダリストは意気込む。「サッカーがしたくて体調もいい。だけど出場するかどうかそしていつ出場するかは監督が決めることだ。」