presented by
Menu
日本から帰独

FCバイエルン、好感と洞察を得る

FCバイエルンの日本遠征は誕生日の祝杯に始まり、誕生日の祝杯に終わった:日本到着時にユルゲン・クリンスマンが44歳の誕生日を迎え、渡独となった2日後の金曜日にバスティアン・シュヴァインシュタイガーが24歳となった。ドイツレコードマイスターにとって今回の日本遠征は全体を通して満足以上のものとなった。

クリンスマンは「FCバイエルンがここで全体的にとてもポジティブな印象を残すことができたと考えている」とまとめた。時差ボケや気候の変化など恐れていた辛労を許容できる程度に抑えることができた。ウリ・ヘーネスも「そこまでストレスとならなかった」とはっきりと「素晴らしいホテル」やルフトハンザのサービスを褒めた。日本では全てパーフェクトに組織されていた。特にクリンスマンは「日本人のホスピタリティー」に感謝していた。

チームを称賛

FCバイエルン監督は自らの選手たちも称賛した。「キッズトーナメントからトレーニングおよび試合までチームとして魅せたものは最高のものだった」とクリンスマンは強調した。バイエルンは数えきれないほどのサインに応じ、チームとして行動した。ルーカス・ポドルスキーは「空港そしてホテルでもいつもたくさんのファンがいた」と語った。

ミュンヘンは木曜夜に埼玉スタジアムでパートナークラブの浦和レッドダイヤモンズに4:2(3:0)と勝利した一戦でも、熱狂を起こした。「ゲームはもちろんクライマックスだった」とクリンスマンはコメント。

クリンスマンサッカー

公式戦が10日後に迫るなかでクリンスマンの求めるサッカーがより明確になった。「特に前半、テンポを保つことができ、ボールを動かしてチャンスを作りだせた」とクリンスマンはとても満足していた。「われわれは洞察をより深めるために日本にやってきた- とてもポジティブだった。」

ウリ・ヘーネスも「とても成功した」遠征について話した。「われわれは自信を勝ち取り、ドイツサッカーそしてFCバイエルンを普及できた- これ以上のものは得られない」とFCバイエルンGM。ポドルスキーは確信していた:「この遠征が日本で多くの好感をもたらすことになった。」12時間のフライト後にバイエルンを乗せた飛行機が金曜夜ミュンヘンに到着する前に、すでにレコードマイスターは日本との再会を楽しみにしていた。クリンスマンはこうコメント:「またここに来られることを望んでいる。」