presented by
Menu
ベッケンバウアー杯

FCB、プレシーズンラストマッチ

公式戦開幕前ラストマッチ- 新監督同士ユルゲン・クリンスマンとジョゼ・モウリーニョとの対決でもある。FCバイエルンとインテル・ミラノが火曜夜、アリアンツ・アレーナでフランツ・ベッケンバウアー杯を懸けて激突する。

「いいプレーしたいね」とルーカス・ポドルスキーはプレシーズンラストとなるテストマッチの前にコメント。フィリップ・ラームもfcbayern.deに「真剣なテスト、ヨーロッパのトップチームとの対決だよ。そこでまた力を証明することができる。」

定位置確保へアピール

ドイツカップ初戦ロート・ヴァイス・エアフルト戦が5日後に迫り、イタリアマイスターとの対決はFCバイエルンのプロ選手にとって定位置確保を懸けての最後のアピール場ともなる。ラームは「みんなが最初のスタメンを懸けて競い合っている、どのトレーニングでもこれを感じる。誰もが何が問われているか分かっているんだ」とラームは語気を強めた。

ユルゲン・クリンスマン監督は古巣クラブとの対決で「選手個々の力量」を量るだけではなく、「鍛えられたイタリアのチーム相手に選手がどう対応するのか、そしてトレーニングでやってきた戦術的なことを実践で活かせるかどうかについて」チェックする機会となる。東京でのすばらしかったゲームを継続することになる。

魅力的な相手

バイエルンはシーズン-公式開幕試合でもアリアンツ・アレーナで観衆に魅せるプレーを展開する。「僕たちはファンに当然、いいゲームを魅せたいと思っている、まだ全てがうまくいかなくてもね」とラーム。ポドルスキーは「結果はすごく大事ではなくても、勝つつもりだよ。」と意気込んだ。

相手だけでもすてきなフットボールの夜となる。カール=ハインツ・ルンメニゲは「われわれはインテル・ミラノを相手として招くことができたことを嬉しく、光栄に思っている」と報告。「魅力的な相手で、イタリアで3連覇を果たしたチームなんだ。」

「ビッグイベント」

ケガを理由にインテル(パトリック・ビエラ、ズラタン・イブラヒモヴィッチ、ワルター・サムエル、イヴァン・コルドバ、クリスチャン・キヴ)だけではなくバイエルン(フランク・リベリー、ルカ・トーニ、ティム・ボロフスキー)でも数人のスター選手が欠ける。だがファンはフットボールのすてきな夜を楽しみにすることができる。ルンメニゲは確信している:「ビッグイベントになる。」