presented by
Menu
クロース「スーパーデビュー」

「これ以上にない出来」

トニー・クロース、16歳でFCバイエルンU19デビュー、17歳でレコードマイスターサテライトデビュー、そして17歳8ヶ月22日とFCバイエルン史上最年少の若さでブンデスリーガデビューを飾った。FCバイエルンの「金の卵」にとって金曜日のU21代表のデビューは新しきものではなかった:18歳はピッチ上で最も若く、彼の同僚の一部には3つほど彼より歳上の選手がいた。そのなかでも彼はベストの輝きを放った。

11分にゴール隅にFK、その後に北アイルランドGKがわずかに触れることのできた距離のあるシュートで先制をもたらし、2点目をアシスト(38.)- 試合はすでに決まっていた(最終的なスコアは3:0)。クロースは「スーパーなデビューだった。これ以上にない出来」とU21代表デビューを喜んだ。「だがもっと大事なのは僕らが勝ったこと。」

一年の充電期間

代表監督ディーター・アイルツはクロースが「もの凄い潜在能力」を秘めているという。「彼の能力をすでにU17世代で証明済み。彼は単純に状況に応じたプレーができる感覚がある。」

クロースは一年前、U17世界選手権で最優秀選手に輝いた。その後にドイツサッカー協会との話し合いにより、ユース年代の代表から一年間離れることを決めた。クロースはFCバイエルンに集中するつもりだった。その計画は順調に進み、FCバイエルンのサテライトで経験を培った。シーズン終了までに彼はブンデスリーガ、ドイツカップおよびUEFAカップを含めて20試合に出場した。