presented by
Menu
クリンスマン、カーン、マイヤー

「自らの道をつくっていくことになる」

マルク・ファン・ボンメルがミヒャエル・レンジングの話題に及ぶまで待つことはなかった。彼の方からfcbayern.deとのインタビューのなかで、FCバイエルンの新守護神をサポートしていくと話し始めた。24歳がメディアのなかで疑問視された後のことだった。オリヴァー・カーンの後任として主将を任されたオランダ代表は「全く想像できないことだ」とカーンの後継者についてコメント。ファン・ボンメルだけがレンジングの背中を押しているのではない。fcbayern.deは元U21代表GKについての意見をまとめてみた。


コメント一覧:

ユルゲン・クリンスマン:「オリのあとにキャリアをスタートさせることは簡単なものではない。だけど彼はしっかり守護神としての役割を務め、すばらしく成長している、もし誰かが彼を上回れば、彼もそいつについていくことになる。ミヒャエルが守護神として始めの数ヶ月で感情的なことを経験することは当然のこと。この数週間、数ヶ月でいくつかのミスと向き合わなければいけない。だが選手が成長していく上でミスはつきものだ。GKのミスはフィールドプレイヤーよりも致命的なもの、だから議論も大きくなる。ミヒャエルはわれわれの信頼をえている。」

オリヴァー・カーン:「いつも言ってきたことだが、若い選手を育てるにはときには我慢しなければならないこともあるんだ。だからレンジングを疑問視することも不快なものだ。ミヒャエルは考え過ぎないようにしなければならない。私の一年目は前十字靭帯断裂までと散々なものだった。長いこと全てが金ではなく、その逆だ。ミヒャエルから私が恐らくベスト時期にあったようなレベルをすぐに期待してはいけないんだ。彼はまだ若い、自分の道を作っていくことになる。」(インタビュー、ビルト紙)