presented by
Menu
「勝利に値する内容」

ケルン戦勝利のコメント

2連勝で順位を2位まであげ、欧州CLに向けて準備は整った- バイエルンは1.FCケルンで3:0(0:0)と勝利、満足してミュンヘンに戻ることになった。ユルゲン・クリンスマンは「勝利に値する内容だった」とコメント、フィリップ・ラームはこう語った:「我慢して、1:0と先制することができた。その後は自分たちに有利なゲームができた。」ケルンのクリストフ・ダウム監督はこうコメント:「試合終盤にわれわれはバイエルンから15分間のレッスンをうけることになった。」

コメント一覧:

ユルゲン・クリンスマン:「われわれはもちろん満足している。勝利に値する内容だった。簡単にいかないことは分かっていた。前半に何度か得点機があった。ハーフタイムにわれわれはボールをもっと早く動かす、それができればチャンスは来るとだけ話したんだ。」

フィリップ・ラーム:「欧州CL前の勝利は重要。僕らは今日、90分間フルにゲームをしたんだ。全体的にこの試合は僕らのゲームだった、3:0で勝ったんだ、これが一番大事なこと。我慢して、1:0と先制することができた。その後は自分たちに有利なゲームができた。」

クリストフ・ダウム (ケルン):「われわれは長い時間帯、まとまってとてもいいゲームができた。65分まではチームを称賛することができる。しかしその後は0:1とリードされても、まとまって集中してプレーすることを学ばなければならない。しっかりしたDFを続けなければならなかった。我慢して作戦に忠実であれば、1:1とできるかもしれないことを学ばなければならない。試合終盤にわれわれはバイエルンから15分間のレッスンをうけることになった。試合はバイエルンの勝利に値するものだった。」