presented by
Menu
「勝利にはほど遠い内容」

バイエルンの苛立ち

第6節後に2勝2分2敗で9位- FCバイエルンが想像していた順位ではない。ウリ・ヘーネスは土曜、「われわれの前にとても多くのチームがいる- 気に障ることだ」とハノーファーで今季2敗目を喫した後にはっきりと口にした。「われわれはこの状態を長く続かせないように努めなければならない。」

ボール支配率59%、対人プレー勝率51%、シュート数14:9およびクロス数は14:3- 数字上からいけば圧倒しているレコードマイスターがハノーファーで0:1(0:1)と敗れた。ユルゲン・クリンスマンは「全く必要のない敗戦だった、(敗戦は)痛いものだ」と怒りのコメント。サボルチュ・フスティのFK(前半23分)- 敵チームのファーストシュート- このFKが試合を決めた。

失点後に追いつけず

「われわれがこの時間帯まで試合を制していたこともあり、0:1のビハインドは問題なかった」とクリンスマン、しかし問題だったのはバイエルンの失点後の反応だった。「完全にリズムを失ってしまった。試合をひっくり返すのに多くのことが欠けていた:創造性、クレーバーさとオフ・ザ・ボールの動き」とFCバイエルン監督は分析。「敵チームのミスを誘発するにも、得点機を演出するのにもほど遠い内容だった。」