presented by
Menu
「成功を懸けて闘うことになる」

ポドルスキー、熾烈なレギュラー争いに挑む

ルーカス・ポドルスキーがルカ・トーニのスルーパスに走り込み、つま先でボールを押し込み、得点後に体全体を前に倒し、うつ伏せのまま顔をピッチ上にうずめた。彼の今季2点目が1.FCケルン戦、FCバイエルンのダメ押し弾となった。

ゴールを決めた後、1.FCケルンに敬意を払い喜ばなかったとポドルスキーが後で語った。2006年のW杯後にFCバイエルンに移籍するまで、Dユース時代から1.FCケルンでプレーした。ゴールゲッターとは対照的にケルンファンは今でもボドルスキーが1.FCケルンでプレーしているかのように彼のゴールを喜んだ。バイエルンストライカーはヴィクトリーランでファンの声援に答えた後、「世界中でこんなことがあるところはない、とても感動するものだった」とコメント。

ポドルスキーとケルン、自他ともに認める特別な関係である。7週間前のテストマッチでは彼の帰還が焦点となっていた。今回も代表ストライカーはメディアの注目の的となった- すでに何日も前からだった。ユルゲン・クリンスマンが「ルカ・トーニとミロスラフ・クローゼがレギュラー、そしてルーカスは挑戦者」と明らかにしていた。